白ニキビと赤ニキビ

ニキビと言うと、皆さんが誰しも一度は経験があるのが「白ニキビ」と「赤ニキビ」ですね。
白いニキビの場合は潰してしまうこともできますが、赤ニキビの場合は跡が残ったりして、どう対処していいのか恐いところです。

 

しかし、実はニキビには白ニキビと赤ニキビ以外にも種類があるのはご存知でしょうか。
大人ニキビが発生して、ニキビの再発を繰り返していると、黒ニキビや黄ニキビが出てくる場合があります。

 

場合によっては跡になって治らないケースもあるので、最善の注意が必要です。

 

初期段階の白ニキビ

白ニキビはちょっとしたフェイスケアの油断でも発生してしまう、大人ニキビの初期段階です。
閉じている毛穴の中にはターンオーバーに失敗した角質や過剰分泌した皮脂が詰まっていて、
そこで炎症を起こしているのが主な原因となります。

 

白ニキビの場合は潰してしまいがちですが、ニキビは基本潰してはいけません。
また発生するか、最悪跡になってしまうからです。

 

白ニキビの場合も潰さないようにそっと洗顔で顔を洗い
余計な皮脂と角質を落としてあげるのが効果的です。

 

多くの場合は数週間で治りますし、その後の跡も残ることはありません。
これ以上悪化しないように、白ニキビまでで症状の悪化は抑えておきましょう。

 

黄色信号の赤ニキビ

別頁でも紹介しましたが、ニキビの正体は毛穴に棲むアクネ菌の増殖です。
アクネ菌は皮脂や角質を餌にして増殖します。

 

白ニキビのときにフェイスケアを怠ると、毛穴の中でアクネ菌が増殖をはじめます。
すると、毛穴は炎症を起こして赤く腫れあがります。これが赤ニキビの原因です。

 

大人ニキビに困っている方のほとんどはこの赤ニキビの解決方法に悩んでいるかと思います。
赤ニキビはしっかりとケアをして治さないと後に跡が残ってしまう可能性もありますし、
頬やフェイスラインに沿ってたくさんできてしまいがちです。

 

黄ニキビは赤信号

赤ニキビからさらに悪化すると、毛穴が膿んでしまい、クリーム色になります。これが黄ニキビです。
跡ができるだけではなく、最悪クレーター状になってしまう恐れもあるので、こうなる前に治療しておきたいところです。

 

肌には表皮と真皮があり、手で触って確かめることができるのが表皮。表皮の中を覆っているのが真皮です。
表皮上にできたニキビは跡が残らなく、真皮まで傷ついてしまった肌はニキビ後に跡が残ってしまいやすくなります。

 

黒ニキビは跡に残りやすい

黒ニキビは鼻の先端などにできやすく、マメにフェイスケアをしている人でもなってしまいがちですね。
鼻先の皮脂や角質は洗顔時にもおろそかになりがちです

 

放っておいた皮脂と角質は外気に触れることによって酸化をはじめ、黒いシミのニキビになって盛り上がります。
フェイスケアをして黒ニキビを消したあとも、色素沈着を起こし茶色いシミを作ることもあります。
できれば黒ニキビに発展する前に予防しておきたいところです。