洗顔と化粧水でニキビケア

スキンケアで効果的に大人ニキビを治そう

スキンケアには大きく分けて『洗顔』と『化粧水』の二つに大別することができます。
この二つを正しい使い方をして併用することによって、肌を洗浄、潤い、栄養を与え、大人ニキビのできずらい体質にすることができます。

 

洗顔の正しい使い方

 

洗顔の方法を尋ねると、意外にも皆さん間違った使い方をしていることが分かります。
洗顔は誤った方法で行うと逆効果にもなってしまいますので、自信がある方も今一度正しい洗顔方法を確認しておきましょう。

 

正しい洗顔方法

 

 

洗顔には固形や液体、ムースタイプなどがありますが、

 

まず言えることは直接顔につけないで、最初は手に取ることです
固形や液体の場合は手にとってしっかりと泡立てる必要があります。

 

 

特に注意していただきたいのがチューブ型の液体の場合です。

 

数回手で擦り合わせただけで顔につけている方が多く見受けられますが、
これではムラができてしまうほか刺激が強すぎてニキビにはよくありません。

 

 

ニキビは毛穴のダメージなので、十分泡立ててから優しく患部を覆ってあげることが大切です。
手の平に少量の水を少しずつ含ませて、こんもりと泡立ててから患部につけてください

 

洗顔の選び方

大人ニキビ用の洗顔もここ数年で増えてきましたね。
どれも洗浄成分の他に特徴となる有効成分が入っているので、先に説明した正しい洗顔方法を守れば商品を特に気にする必要はないとも言えます。

 

ただし、洗顔の中には爽快感を出す成分や洗浄成分がたくさん含まれている商品もあります。ニキビ対策としてこれらはおすすめできません

おすすめとしては固形石鹸型の低刺激洗顔料です。
なかなか泡立たないデメリットはありますが、患部に負担をかけないでケアすることができます。

 

化粧水の役目を考えよう

 

「化粧水はお肌を守るもの」
それだけではちょっと足りませんね。では何からどのようにして守るのでしょうか。

 

大人ニキビ対策として選ぶ化粧水は主に三つ。

保湿効果

 

入浴後は水分が飛びやすく、肌は乾燥してしまいます。

 

せっかく血行が良くなったのに再び乾燥肌に戻ってしまっては
元も子もありません。

 

入浴後は化粧水を顔につけて、肌を乾燥から守りましょう。
肌に付着した水分というのは本来すぐに蒸発してしまいます。

 

化粧水には蒸発しないで肌に染み込んで潤いを保つ有効成分が含まれているので、乾燥肌の人には最適です。
ヒアルロン酸という言葉をよく耳にしますが、こちらは人由来成分であり、肌に浸透しやすいので人気の成分です。

 

栄養補給

 

近年話題になっている「ビタミンC誘導体」。
これはビタミンCそのものではなく、ビタミンCと同様の効果がある物質です。

 

ビタミンCは壊れやすく、また肌に浸透しにくい性質を持っています。
そこで科学的に肌浸透成分を持つビタミンCを作ることに成功しました。それがビタミンC誘導体です。

 

肌に栄養が行き渡れば、ツヤとハリが戻ります。
肌細胞分裂が促進されればアクネ菌に汚されていない新しい肌を取り戻すことも可能です。

 

ピーリング

 

ピーリング効果のある化粧品はローションタイプが多いですね
色素沈着している方や肌がニキビ跡ででこぼこになっている方に効果があります。

ただし、化粧水の中でも一番刺激が強いので、軽度のニキビ症状の方にはおすすめできません

 

ちなみに刺激は有効成分の濃度が高ければそれだけ強く、
これと栄養補給の化粧水を併用することも奨励されています。

 

大人ニキビを治すためには、毎日のスキンケアが最も大切です。
自分の肌とニキビの症状に合ったスキンケア商品を選び、正しい使い方をして効率よくニキビ肌を改善しましょう。

page top